2017年7月18日火曜日

3周年記念コーヒーは・・・

7月21日の周年のイベントでは、ちょいと特別なコーヒーをご提供したいと思います。

ナインティプラス社「ネキセ」というコーヒーです。


ナインティ・プラス社とは、2006年に創業した、独自のコーヒーを作っている会社です。

1000を越えるマイクロクライメイトに、多数の品種を調査・研究し、5種類の独自の生産処理の組み合わせによって、彼らの素晴らしいコーヒーは作られています。

「ネキセ」という名前は農園や地域の名前ではなく、コーヒーが持つ風味のコンセプトによってつけられたナインティプラス社の造語です。

ネキセが作られた地域「シャキソ」という名前と、濃厚なマウスフィールやジャム、イチゴ、トロピカルフルーツの味わいのプロファイルから、
「Nectar」と「Shakisso」を組み合わせて、名付けられたそうです。

僕が初めてナインティプラスのコーヒーを飲んだとき、すごい衝撃を受けたのを覚えています。

フレーバーが爆発。まさに「なんだ、これは!?」と言わずにいられない美味しさを感じました。

カッピングノート:
熟したフルーツを思わせる香り。厚みのある甘さ。スムースマウスフィール。
フレッシュな苺、メロン、ミルクチョコ。

21日は終日、「ネキセ」80gでの豆販売と、400円(サービス価格ですよ◎)で店内でもお飲み頂けるようにします。
また、18時からはエスプレッソ系ドリンクも全て「ネキセ」を使用します。






 真空パックで生豆が保存されています。


コーヒーの持つ限りない可能性を感じさせてくれる、そんなコーヒーです。
この機会にぜひ、皆さんにも飲んで頂きたいですね。


7月21日
通常営業 10:00~17:00
「コーヒーとワインのゆうべ×Night Basking」18:00~22:00

BASKING COFFEEオンラインショップ☞http://baskingcoffee.shop-pro.jp
    

2017年7月10日月曜日


7月20日を持ちまして、BASKING COFFEEは皆様のお陰で、3周年を迎えます。
周年を迎えるたびに思うのは、ここでお店を始めていなかったら今のお客さんとは知り合ってなかったんだなぁと。始めて良かったと心から思います。周りの人すべてに感謝。いつも本当にありがとうございます。
初心を忘れず、これからも、さらに美味しいコーヒーを提供していきたいと思います。3周年イベントをやろうと思いますが、20日は木曜で定休日ですので、21日の金曜日に「コーヒーとワインのゆうべ×Night Basking」をやります。
7月21日

通常営業 10:00~17:00

「コーヒーとワインのゆうべ×Night Basking」18:00~22:00
めちゃ美味しいクラフトビールや、黄昏さんの飲みやすいバンナチュール、たそカレーもご用意する予定。3rd anniversaryブレンドも作ります。(なんか、ちょっと特別な豆を考えています。まだ決まってません。。。)
さらにはこの日豆を買われた方にはオリジナルバッジプレゼント。どうぞお立ち寄りくださいませ。
初めて今のお店の物件を見に来たときの写真。物置きになっていたようです・・・。
BASKING COFFEEオンラインショップ☞http://baskingcoffee.shop-pro.jp

2017年7月5日水曜日

エスプレッソについて

エスプレッソとは、20gほどの細かく挽いたコーヒーに9気圧の圧力をかけて抽出される、コーヒーのエッセンスが詰まった飲み物です。

BASKING COFFEEの一日は、その日のエスプレッソを調整することから始まります。




その日の豆のコンディションを見て、挽き目を調整。




粉量も計ります。

1目盛りの挽き目、0.5gの粉量で、味が左右されるエスプレッソ。
豆の状態を見極め、ベストだと感じる味を探るのに五感を集中させます。








朝のエスプレッソ調整は、僕たちにとって、最もコーヒーと向き合っている時間かも知れません。

豆を挽いて、粉を押し固め、マシンの抽出ボタンを押し、「ここだ」というタイミングで抽出を終える。

非常に単純な作業ですが、1+1=2といった計算式のようにはいかず、また淹れ手によって全く違う味がでるという、不思議な要素もまたエスプレッソの魅力。





「美味しい一杯のために、抽出という一点からではなく、鳥瞰してエスプレッソを考える」


【生豆】

コーヒーも農作物。エスプレッソに限らず、美味しいコーヒーを淹れるためには何よりもまず「素材」が大事。この考えは、コーヒーを始めてから一貫して変わりません。
ぼくたちコーヒー屋がわざわざ産地まで足を運ぶのも、より良い素材を手に入れるため。

ちなみに、「エスプレッソに使用する豆」というのは、生豆を購入する時点からある程度決めています。 


【焙煎】

エスプレッソにメインで使っている「スピカ」は、じつは他のシングルオリジンの豆と焙煎のアプローチが全く違います。

焙煎の細かいお話はまたいずれしたいと思いますが、ブレンド用の焙煎のイメージで説明すると、高温で調理する中華料理ではなく、じっくり煮込んで味を熟させる日本料理と言った感じです。(わかりにくいですか?)

当店では、シングルオリジンのエスプレッソも提供していますが、ブレンドでのエスプレッソもおすすめです。

                     
【エイジング】
浅めに焙煎したコーヒー豆だと、フレッシュなときのピークは抜群なんですが、風味が損なわれて行くのもまた早い。
エスプレッソ用の豆は、ある程度時間をかけて焙煎しているため、日が経って「熟成」(と言っていいのかはわかりませんが)されていった時に、甘さやボディが強くなり、エスプレッソとしての美味しさが増すように感じます。
ただしこの場合もあるポイントでやはり風味は損なわれていきます。

保管状態も大事です。酸素、熱、光、湿気は極力避ける。




【経験】

ものすごい速さで情報が行き交う時代ですから、「コーヒーを美味しく淹れるメソッド」のようなものはネットでいくらでも簡単に手に入ります。

情報を集めることも大切ですが、やはり、どれほどエスプレッソと向き合ってきたか、どれほど自分なりに考え、疑問を持って仮説検証をしてきたか、という「経験の積み重ね」が、最終的にはその人のエスプレッソの味を決める、と僕は思っています。







〜卸販売〜

B A S K I N G C O F F E E は、よりたくさんの方々に、スペシャルティコーヒーを楽しんでもらいたい、という強い想いがあります。
カフェやレストランなどのお店などで、「特別なコーヒーをお客様に提供したい」
とお考えの方とパートナーシップを結び、共に美味しいコーヒーを広めていきたいと思っています。

エスプレッソドリンクに力を入れたい店舗様、お気軽にご相談ください。

卸販売のご案内

BASKING COFFEEオンラインショップ☞http://baskingcoffee.shop-pro.jp





















2017年6月19日月曜日

新登場の豆!!


グァテマラ・エルソコロに続き、エルサルバドル・シェキナももうすぐ終売を迎えます。
うちのツートップといってもいいくらいの、開店当初から販売していた安定感抜群のコーヒーたちでしたが、出会いあれば別れもあるもの。
さみしいですが仕方ありません。

その後を引き継いでくれるのはホンジュラスの「ラ・ウエルタ」。La huertaは「果樹園」の意。
今日早速カッピングしましたが、今のラインナップにはない系統のコーヒーですね。
アプリコット、ピーチ。後口はミルクキャラメルキャンディのような甘さが長く続きます。

やっぱり、新しいコーヒーが入荷すると僕たちもわくわくしてしまいますね。
早く皆さんにも飲んで欲しい!

こちらは明日から販売開始です。
また、「お試しセット」も、ハウスブレンドとこちらの「ラ・ウエルタ」に変更しています。

ぜひお試しください。

オンラインショップでもお買い求め頂けます。
BASKING COFFEEオンラインショップ☞http://baskingcoffee.shop-pro.jp
ホンジュラス・ラウエルタ

2017年6月13日火曜日

Night Basking はじまりました。

「Night Basking」では、コーヒーとのペアリングフードを提案していきます。

コーヒーと合わせて美味しいものについては、いつも考えを巡らせています。

つい先日の話ですが、妻と「発酵料理とスイーツとお酒のペアリング」がテーマのコラボイベントに参加してきました。

各分野のプロフェッショナルが集まり、素晴らしい料理とお酒でペアリングの可能性を提案する、といったようなイベントでしたが、僕を含めた参加者全員を唸らせてくれました。

意外性のある発酵料理にシードル、白ワイン、日本酒、焼酎、ウイスキー、ほうじ茶、と一皿一皿に合わせて選ばれたお酒が小気味良くサーブされてゆく。
どのお皿もそれ自体で美味しいのに、ペアリングされるお酒と合わせると、不思議なことに、美味しさがより口の中で広が っていき、新たな「美味しさ」が生まれる。
ペアリングの世界の奥深さ、面白さに改めて気づかされ、楽しくも勉強になった夜でした。

こういった体験をしていくにつれ、

「素晴らしい酸やフレーバーを持ったコーヒーを使えば、チーズやカカオ、バゲット、もしかしたら野菜や和食なんかとの組み合わせだって面白いかもしれないな」
という考えが僕の中で芽生えてきました。

コーヒーは主役にも脇役にもなれる魅力を持っていて、まだまだ僕らを楽しませてくれそうです。

イメージは広がっています。

まだまだそのイメージは、空中に散らばったパズルのピースのようですが、とにかくTrial&Errorを繰り返しながら、少しづつ理想の形にしていきたいと思っていますので楽しみにしていてくださいね。




***

ペアリングフードは季節ごとに変わっていきます。
どんなメニューを出すかはインスタグラムやFacebookなどで随時お知らせしていきますね。

あ、もちろんコーヒー豆もご購入頂けますよ。

Night basking
毎週金・土
19:00~22:00

BASKING COFFEEインスタグラム

BASKING COFFEE Facebook





2017年6月6日火曜日

夜営業のメニュー紹介(限定ブレンド・ドリンク編)

「夜営業を始めるなら、せっかくだから昼と違ったモノをお客さんに提供したい」と思い、色々と考えてみました。

一日の中での時間帯で、気分は変わってゆくもの。夜に飲みたくなるような、食べたくなるような、そんなようなもの。
今回はその辺についてお話します。

まずは、“夜のブレンド”なるものを作ってみました。


こちらは200gのみの販売です。
ブレンド名は「Telescope」。
Telescopeとは“望遠鏡”という意味です。

「山奥で、ひとり望遠鏡で月を眺めながら、美味しいコーヒーを飲みたい。」

という僕の個人的な願望から(笑)、この名前に決まりました。

このブレンドは、季節ごとにブレンド内容が変わっていく「シーズナルブレンド」です。
お酒を飲んだあとでも美味しく感じれるよう、しっかり系の味わいを、と考えています。

ですが、細かいところはこれからです。楽しみにしていてくださいね。


〜夜のドリンク〜




【Long Black】

Long Blackとは、お湯を入れたカップにエスプレッソを注いだもの。
アメリカーノと似ていますが、順序が逆です。アメリカーノはエスプレッソにお湯を足して作られます。

Long Blackは、後からエスプレッソを落とすことで、クレマが保持され、アロマやフレーバーをより強く感じることができます。

あと名前がこっちの方が格好いいです。




【Gibraltar(ジブラルタル)】

写真のグラスが「ジブラルタル」という名称なので「ジブラルタル」というそうですが、
うちのレシピは、ダブルエスプレッソに薄いフォームドミルクを加えています。
そうすると、ちょうどエスプレッソとミルクの割合が1:1になりますので、「ストロングカフェラテ」って感じです。カフェラテよりガツンと行きたい人はこれがおすすめ。



【自家製塩キャラメルのカフェラテ】

自家製のキャラメルソースを作りました。完成まで何度も失敗しましたが、何とか納得いく味に仕上がったと思います。少し焦がし気味にするのがポイント。で、岩塩を少し振っています。甘味のあとに塩味が来る。これはなかなかコーヒードリンクでは珍しいのではないでしょうか。
一度、塩を振りすぎて気持ち悪い飲み物になったりしましたが。



【Cold brew&GIN&Soda】

これも結構試作したなぁ。。。
エアロプレスを使ってエチオピアのコーヒーを抽出し、ジンと炭酸水を足し、そしてこれまた自家製のレモンシロップにレモンスライスを入れて完成。
夏はこれですね。すっきり爽やかです。
トニックウォーターは使っていませんので「GIN&Soda」です。



【Irish coffee】

以前、「コーヒーとワインのゆうべ」の時に作ったアイリッシュコーヒーです。
ウィスキーは「Black Bush」というものを使ってます。
あとは蜂蜜を加え、エスプレッソを加え(3ショット分!)、ホイップした生クリームを浮かべて出来上がり。
こちらはどちらかというと冬に飲むと旨い。体がぽかぽかしてきます。ま、夏でもokですけど。

とりあえずドリンク系はこんな感じかな。
やっていくうちにまた種類も増えていくかもです。

次回はペアリングフードについて書きます。






2017年6月4日日曜日

アイスコーヒーセミナー6月・7月



暑くなってきましたので、ご家庭で作るアイスコーヒーのセミナーを開催いたします。

セミナーと言っても、小1時間ほどアイスコーヒーの作り方のこつをお伝えする程度の、軽いものですのでちょっとお時間作れそうな方はお気軽にご参加くださいね。

具体的な内容

フレンチプレスとペーパードリップでのアイスコーヒーの作り方。
上記2つのアイスコーヒーと水出し珈琲の飲み比べ。


同じ豆を使って違う抽出での飲み比べなので、どういった淹れ方がご自分の好みなのか分かると思います。

日時     午前の部      午後の部
618()  11:0012:00   18:0019:00 
628()        11:0012:00   18:0019:00
74()          11:0012:00   18:0019:00
723()        11:0012:00   18:0019:00

定員 それぞれ3名づつくらいかな〜
参加費 1000

★参加された方は器具類すべて10%OFF


ご予約は店頭、Facebookのメッセージ、お電話にて承ります。

オンラインショップ→http://baskingcoffee.shop-pro.jp

       092-682-5515 担当 エノハラ